テーマ:失われた風景~小田急編~

小田急の前パン

昨日今日とまた野球で忙しく、休日に写真を撮って歩くことができない状況でしたので、また昔のアルバムから写真をアップしました。西武の旧型車が好きだった私は、当然旧型国電も好きになり、そのうち旧型国電の払い下げにも興味を持ちました。といっても、そんなに真剣に追いかけたわけではありませんが・・・旧型国電も後ろパンよりやはり前パンが好きでしたね。…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

明日は・・・

マイクロエースさんから待望の小田急SE車とSSE車が発売される日です。写真はちょっと見にくいですが、多摩川橋梁をわたるSSE車の重連運用です。明日、これが模型で再現できるのが楽しみですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄道コレクション第3弾の実車

土日には子供の野球で行けないので、平日に銀座で開催中の模型ショウを見てきました。最近の小田急ネタに引っ掛けて、今日は2200系現役時代の写真が1枚あったのでアップしましたが、この2200系がトミックスから今度「鉄道コレクション第3弾」として発売されるので、その出来を見てきました。いままでGMのキットしかなかったので、この鉄コレが出たら簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小田急電車回顧~第3巻~」・・・

高校時代の鉄道同好会の大先輩の写真が掲載されているというので、今日「小田急電車回顧~第3巻~」という写真集を買ってきました。関東の私鉄では、西武、小田急、京王といったところが昔から身近で好きだったもので、自分のアルバムにも小田急電車の写真はありますが、今日買ってきた本は1世代前の写真が多く掲載されていました。が、写真を見ているうちに、あ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

登戸多摩川橋梁

小田急線の撮影地として、あまりにも有名だった、登戸の多摩川橋梁。小田急線の橋梁は青の橋げたに黄色の手すりが特徴でしたよね。ロマンスカー3100系NSE車の塗装とのコントラストが、よく似合っていたと思います。いまでも、ガタン、ガタン、ガタン・・・という連接車特有のジョイント音とオルゴールを鳴らして、走ってくるようです。この風景もいまやコン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年は長梅雨か・・・

今日もはっきりしない天気で、今年は長梅雨のようですね・・・梅雨時の思い出としては、1999年、あの小田急ロマンスカーNSE車が引退するときに、6月から7月までのほとんど毎日、小田急沿線に足を運んで、勇姿を記録したことが、記憶に新しいところでしょうか。土砂降りの雨の中を力走するロマンスカーをとらえたとき、なぜかカッコイイと思ったものです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ありし日の小田急9000系

今日はありし日の小田急9000系9001の写真をアップしました。この風景もあっという間に見られなくなってしまったんですね。9000系本当にありがとう。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さようなら小田急9000系

今日は雨で野球が中止になり、家でのんびり過ごしてしまいましたが、雨が最初からわかっていれば、行きたいイベントがありました。そうです、今日で小田急9000系が本当に最後のラストランだったはず。高校の同好会の先輩に、記念パスネッットをお願いしたら、2時間も並んで買っていただけました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和50年代の小田急電車

私のライブラリーの中に、昭和50年代後半の小田急電車の記録があります。昭和50年代は、過去の車輛から最新の車輛まで幅広く共存していた、一番華やかかりし年代だったのではないかと、今にして思うしだいです。その中でも一番記憶しているのは、フラワートレイン。アイボリーに青帯が定番の小田急電車のなかにあって、アイボリーにピンクというセンセーショナ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小田急ロマンスカーといえば

私がはじめて小田急ロマンスカーの写真を撮ったのは、いまは無き写真の登戸駅ホーム。小学生から中学生になって、やっと一人で色々出かけていいとお許しがでたころに撮ったものです。だからカメラも当時でたてのコダックポケットカメラ(といっても、いまのデジカメより全然大きくて、ポケットからはみでていた)で撮ったもので、ハーフと一緒だから粒子があらいと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田急9000もついに引退

昨日もう一つ現役を引退したのは、小田急9000系。また一つの時代を築いた車輛が早すぎる最後をむかえてしまいました。登場当時は小田急のなかでは、一番人気の車輛だったと思うのですが、残念です。さよならイベントに行きたいけど、そのころ忙しいからわかりません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more